ブライダルエステに通うデメリットとは?

癒されるよりも義務感が強い

ブライダルエステは、結婚式にまつわる準備と並行して通わなくてはなりません。ですから、平日は仕事、土日は式場での打ち合わせや衣裳選び、アイテム作りや両家顔合わせなど、非常に忙しいスケジュールに、エステの時間を作らなくてはならないことになります。
本来であれば、ゆっくりと癒されながら綺麗になれるご褒美要素の強いものですが、ブライダルエステはそうもいかないのが実際のところ。タスクをこなす感覚で通う花嫁も少なくありません。また、「エステはもっと近くなってから決めればいいや」とサロン自体を決めていない花嫁も多いですが、この忙しいスケジュールをこなしながら自分に合うエステサロンを探すのは至難の業です。
「行かなきゃ」という義務感を軽減し、エステが負担にならないためにも、結婚が決まったら早めにサロン探しだけでもしておきましょう。

せっかくの効果が長く続かない

結婚式当日に向けて行うブライダルエステは、長期的な効果を見込みにくいのもデメリットの一つです。最高の状態で当日を迎えられたら良い!ということであればいいですが、効果を実感できるとそれを長く保ちたいと思うものですよね。結婚式というイベントがなくなってしまうと、モチベーション的にも金銭的にも通いにくくなってしまうのではないでしょうか。 また、痩身が希望の場合、短期間の施術では効果を実感しにくいという声も多いです。美肌効果を期待するのであれば、ある程度短い期間でも効果を実感しやすいですが、痩身は効果実感まで時間がかかります。早めにエステをスタートさせることで、効果の定着も見込めますから、やはりエステは早めに動き出すことが大切だと言えそうです。